ドクター

入れ墨除去をしてくれるクリニックを探すときのコツを大公開

医療機関に相談しよう

腕

まずはカウンセリング

ファッション感覚で入れ墨やタトゥーを楽しむ人も増えていますが、簡単に消すことができないこともあり後悔する人もまた多くなっています。入れ墨はコンシーラや衣服、テーピングなどで一時的に目立たなくすることはできますが、しっかり消したいのであれば医療機関の入れ墨除去治療も考えてみましょう。入れ墨除去は高い技術力も必要ですので、まずはクリニックの評判はよく調べておきたいところです。そして、来院していきなり施術というのではなく、まずはカウンセリングが行われるのが一般的です。入れ墨の深さ、色、範囲は人それぞれ違いがありますので、まずは診察を行いそれぞれに合う治療方法を選ぶこととなります。カウンセリングの結果に納得ができたら、予約を入れ、いよいよ治療となります。入れ墨除去治療にも様々な方法がありますが、比較的狭い範囲の場合や、青や黒など単色という場合はレーザー治療も向いています。皮ふを切る必要はありませんが、目立たなくするには何度か照射を繰り返す必要もあります。ワンポイントなど小さいタイプであれば、その部分を切除し、きれいに縫い合わせると完全な入れ墨除去が行えます。入れ墨は一度で消すことができますが、縫合した跡は残ることとなります。より広い範囲を処理したいのであれば、肌の表面を剥離したり、皮膚移植で対応することもできます。本格的な入れ墨除去治療は費用もそれなりに必要となりますので、価格もよく確認しておきたいところです。仕上がりの良さも大事ですので、できるだけ傷跡が残らない方法を選びたいところです。